教師転職サイト人気ランキング

教師・教員に転職したい方にお勧めの転職サイトベスト2


リクナビNEXT[教師関連転職案件数業界No.1]
詳細
★★★★★
  リクナビNEXTは転職を目指す方々を力強く応援する転職支援サービスサイトです。教師になりたい方、教師からの転職をしたい方の双方にとって有益な情報が提供されています。また職歴などを登録しておくことによって、スカウトをかけられる場合もあり、より円滑で迅速な転職の可能性も広がっています。また先々、転職を考えている方にとっても為になる情報を発信しています。

リクルートエージェント
詳細
★★★★
 リクルートエージェントは転職支援サービスサイトです。業界トップクラスの求人件数を誇り、企業と求職者を結びつける大きな役割を果たしています。求人のほとんどは非公開になっており、登録すれば様々の教育機関求人情報を受け取ることができます。より効率的な転職活動を応援しております。

マイナビエージェント
詳細
★★★★
 マイナビエージェントでは1人1人を大切に転職サポートを行うため、顧客満足度96.4%!キャリアコンサルタントは業界専任制で希望職種に精通したコンサルタントが対応してくれるため、スムーズに転職活動が行えます。
利用者の声
良かった
マイナビエージェントに登録して驚いたことの一つに、教師の求人が多いことがあげられます。長く看護師ととして働いてきた私は、教員免許などありませんし、いろいろな職種を扱っているのだなという感想しかなかったのですが、キャリアコンサルタントの方に看護学校での講師の求人を紹介されたのです。最初は戸惑いましたが、専門看護師の資格があり、看護師長の経験があることが活かせると聞き、キャリアチェンジを決意しました。転職したいま、若者を指導する仕事に、やりがいを感じています。
良かった
公立高校で教師をしていましたが、転勤が多く、子どもが学校に通うようになって単身赴任を余儀なくされることが増え、疑問を感じることが多くなりました。家族揃って暮らすために、転職を決意して、マイナビエージェントに相談に行ったのです。私立の中学や高校、進学塾など、求人が予想以上に多かったので、安心しました。キャリアコンサルタントとも相談しながら、学校の教育方針と自分の志向性がマッチする求人を選んで、応募しようと考えています。
普通
子どものころから教師になるのが夢で、教員採用試験を突破したものの、現在の教育現場は子どもとより、親との関係に疲弊するのが現実だった。教師の転職先も豊富と聞き、マイナビエージェントに登録してみたが、公務員の職を辞す覚悟ができるほど、魅力的な求人には出会っていない。夢より生活を選ぶべきか、自問自答を繰り返している。

履歴書の写真

 履歴書といえば、やはり写真が大きく響くと思います。そのため、履歴書の写真は、きちんとした服装で、写真屋で撮影してもらったものがいいと思われます。

続きを読む≫ 2014/09/30 11:25:30 コラム

27歳女性
事務員
塾講師
無し

 

 

 大企業で順風満帆なOL生活を送っていましたが、大企業にいるがゆえに、「この私の仕事は、私でなくても、誰でもできるものではないか」などと考えるようになりました。

 

 それは、会社規模が大きいことで、自分のやっている仕事がその些末なことに過ぎないと感じてしまったからです。

 

 私にしかできない仕事がしたい!と、(そんなものは世の中にあるのかもわからないながら)大企業を飛び出しました。

 

 

28歳女性
事務
教師
リクナビNEXT

 

 

 

 時代はリーマンショックまっただ中で、派遣社員として事務をしていたのですが、フロア200名(内、契約社員・派遣社員が150名)を100名まで減らすとのお知らせが・・・例にもれず派遣打ち切りとなってしまい、転職を決意しました。

 

 

 

もともと、出版業界に興味があり、ホテルに就職した際も広報希望でした。
ですが、広報部は人気部署で、配属先の料飲部(レストランサービス)からは、なかなか異動することができず、転職を決意しました。

 

 

地元の東北では、めったに出版業界の募集がなく、見つけたとしてもフリーペーパーのや地方誌の編集でした。
雑誌の編集業に携わりたかったため、東京の出版社へ応募することにしましたが、面接のたびに交通費+宿泊費がかかり、費用面で苦労しました。
また、面接時に「ほんとうに東京にでてこられるの?」という質問もあり、企業としては、現住所が遠方というのはマイナス材料としてとらえられていたようにも思います。

 

上手くいっていたら誰も転職などしませんし、上手くいっていないから転職するのでしょう。前の会社で汚らしい顔のメンバーと部署が一緒になったら終わりです。若くて綺麗な顔を一緒に仕事をしたいではありませんか。汚らしい雰囲気が腐ったおっさんや貧乳の女と同じ部署になるより、20代のぴちぴちした女性と一緒のほうがよいではないですか。自分でメンバーを選ぶほうが良いに決まっているでしょう。

大学の就職課で紹介された地元企業へ就職しました。教職を目指していましたが合格しなかったため、最初は産休補助教員として就職をするつもりだったのですが、就職課から地元企業に推薦したいからと言われ、考えた末そこに推薦をしてもらうことにしました。

 

推薦で就職したため、辞めることに躊躇しましたがあまりのブラック企業に6ヶ月で辞めることにたのです。1ヶ月の休みは3日で給料は月5万円。手当が付くので月にして15万円程になりますが、色々と理由をつけて給料が減らされるため、手取りで10万円ほどしか手元に残りませんでした。私はちゃんとタイムカードを押していましたが、裏帳簿があり、別にタイムカードが作られていて、実質的な休みは3日なのに、帳簿上では週2日の休みになっていました。

 

 『教師』、『転職』の検索語でリターンキーを押してみました。すると現れた"働く教師"の実態を、少しのぞいてみましょう。

続きを読む≫ 2013/07/23 15:45:23

トップページ 教師に転職するまでの流れ お勧め転職サイト